歯列矯正の装置の種類

歯並びが気になっても、歯列矯正に躊躇している方も多いのではないでしょうか。その理由は主に費用が高額であること、そして、治療期間中に装置が目立つことの2つが挙げられます。治療費に関しては 旅カジ で一攫千金を狙い、何とかなるかもしれません。後者に関しては改善が進んでいます。そこで今回は代表的な歯列矯正の装置を紹介します。 歯列矯正装置の種類 ワイヤー矯正:通常の装置であり、ワイヤーを使って歯を引っ張ります。 裏側矯正:歯の裏側にブラケットを装着するため目立ちません。 マウスピース矯正:マウスピース型の透明な装置を2週間ごとに微調整して治療します。

口腔衛生と歯列矯正

口腔衛生とは 口腔衛生とは文字通り口内、特に歯の健康を維持する取り組みです。厚生労働省では「さまざまな方法により、口腔の不潔因子を除去し予防する」と定義しています。 歯列矯正 歯列矯正は歯並びの治療であり、矯正を専門とする歯科で矯正器具を作り、微調整を繰り返しながら、徐々に歯並びを改善していく処置を指します。保険がきかないため高額になることも多いですが、長期的なスパンで検討するべきだと思います。また、手法により価格も変わるため、歯並びが気になる方、もしくは、子供の歯並びを早めに直したい方は矯正歯科で専門医に相談することをお勧めします。

歯列矯正の費用

歯並びを治すためには歯列矯正をする必要があります。しかし、残念ながら歯列矯正は虫歯等の通常の治療とは異なり、保険が適応されないため、そして、歯列矯正 の性質上治療が長期にわたるため、高額な治療費が発生します。そこで今回は矯正にかかる費用に注目していきたいと思います。 歯列矯正の費用 まず大人の歯列矯正の費用をみていきます。大人の場合、平均で60万から150万円の間のようです。一方子供の場合は第一期と第二期を合わせると、40万から80万円の間です。ただし症状により変動します。

優れた歯科医院の条件

健康的な口腔衛生を維持するためには、歯磨きの習慣だけでなく、定期的に歯科医にチェックしてもらう必要があります。基本は早期発見早期治療です。つまり、積極的な予防が必要なのです。そこで今回は歯の健康の番人とも言える、優れた歯科医の見分け方を考えていきたいと思います。 優秀な歯科医の見分け方 まず、専門分野があり、それ以外はその分野の専門医と提携を結ぶ歯科医です。つまり、自信のない治療はその専門家に任せるスタンスを取る歯科医です。そして、治療するだけでなく、今後同じ問題を抱えないように原因を突き止め、アドバイスをしてくれる歯科医を選ぶようにしましょう。先ほども申し上げたとおり、口腔衛生は予防が基本だからです。また治療計画や治療の期間、費用等の情報を事前に丁寧に説明してくれる先生も安心です。最後に注意するべき歯科医の特徴を一つ挙げます。それは、待合室が常に満員の歯科医です。同時間帯に多くの予約を入れており、儲け主義に走っている可能性があります。また、患者一人にかける時間が少ないため、丁寧な説明もできなくなります。